音楽家およびバレエ・ダンサーの治療

 酒井院長は音楽家の治療の第一人者として国内外に知られており、プロの演奏家だけでもこれまでに3,000人以上を治療し、多くの著書・翻訳書を出版しています。
 また在米中に、ニューヨークのハークネス・センターにおいてバレエ・ダンサーの診療にかかわった経験があり、現在同センター長のDonald J Rose医師と連携して国際的なダンサー医療のネットワークを計画しています。特に近年はダンサーのオーバーユース障害や外傷だけでなく、更年期以降のダンサーの健康問題についても積極的に取り組んでいます。

musician  dancer