さかい整形外科では、医院として都区内最大級の広大な診療スペースに、最先端の医療機器を装備しています。  
 クラウド型バックアップ機能を装備した最新式電子カルテ、デジタルX線画像撮影装置、DXA方式半身骨密度計測装置、超音波診断装置などの診療・診断機器に加え、体格を自動計測して負荷量を計算するフルオート牽引装置、ウォーターベッド・マッサージ機、マイクロ波・干渉波治療装置などハイテク化された物理療法装置を備えています。  
 しかしハイテク機器よりもっと大切なのは、ひとりひとりの患者様の運動機能を回復すべく、職員が懇切丁寧に対応していることです。特に専任理学療法士は運動器リハビリテーションを実施し、より積極的な運動機能回復を実現しています。

rehabilitation room 
 リハビリ室

 

 

骨密度測定装置

DXA方式により半身の骨密度を測定して、骨粗鬆症の診断や治療効果の判定を行います。

 infra01

 

超音波診断装置

X線撮影では写らない軟部組織を画像化し、より詳細な診断を行います。

infra02

 

干渉波治療機

体の深部組織を干渉波で刺激して、痛みを緩和し筋萎縮を改善します。

infra03

 

ウォーターベッド・マッサージ機

身体の各部位にマッサージ刺激を加えて、循環を改善し全身のコンディションを整えます。

infra04

 

マイクロ波治療機

体の深部に温熱効果を与えて、循環を改善する効果があります。

 infra05

フルオート牽引装置

患者様の体重、身長をコンピューターが自動計測して、最適な負荷量で頸椎および腰椎の牽引を行います

automatic draft gear