さかい整形外科

Loading

練馬区 江古田 整形外科 音楽家・ダンサーの治療 さかい整形外科

MENU

お問い合わせ03-5912-2552

  • 西武池袋線「江古田」駅より徒歩3分
  • 西武有楽町線「新桜台」駅より徒歩5分
メインビジュアル

腰の症状

腰の痛みについて

椎間板と腰椎の痛み

 

腰痛の主な原因

人類は四足歩行から二足歩行に進化したお蔭で、腰に大きな負担がかかり、死ぬまでに全体の8割が腰痛を経験すると言われています。腰椎は椎骨が縦に積み上げられた構造をしていますが、この脊柱を背筋が支えているため、背筋が疲れて筋肉痛を起こした腰痛(筋筋膜性腰痛症)が特に若い人に多くみられます。椎骨の間には椎間板という軟骨の板があり、これが後に突き出て神経を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです。腰から下肢に神経が延びているため、椎間板ヘルニアによる圧迫は腰痛だけでなく、下肢のしびれ、知覚障害、運動障害を起こすことがあります。

高齢者の腰痛

高齢者の腰痛では、椎骨間の関節がすり減ったり椎骨自体が変形したりする変形性腰椎症が多く、骨が脆くて椎骨が潰れると激痛を発することがあります(腰椎圧迫骨折)。椎骨の後ろは骨がトンネル(脊柱管)を作っており、この中に脊髄をはじめとする神経の束が通っています。加齢現象により脊柱管が狭くなると神経への血行が悪くなって、長時間歩けなくなる間欠性跛行という症状が出現します(腰部脊柱管狭窄症)。

 

 

(引用元:整形外科ネット)

TOP

menu